タイトル用オビ

長崎まちづくり屋とは

【長崎まちづくり屋とは】
まちづくり研究会で出会った学生と市民が、地域資源を生かした新しい長崎グッズを開発し“まちおこし”を目指そうと、2004年に「まちづくり屋」を結成、そして生まれたのが「カステラねくたい」です。
2005年に販売開始、今ではすっかり長崎ブランドとして定着しました。
その後地元の団体様、企業様にオリジナルネクタイの制作依頼をいただき、長崎唯一のネクタイ製造会社へと成長して参りました。
現在は「任意団体」から「有限会社」へと、コミュニティビジネス企業としてステップアップし長崎にこだわった「ものづくり・企画づくり」に励んでいます。

【活動の理念】
長崎の地域資源を発掘・再発見し、長崎の新しい「魅力」を創り出し続ける企業でありたい。
そして、“ワクワク・ドキドキ”する長崎のまちづくりを進めたい!

【事業の内容】
@地域資源を有効に活用したグッズの企画・開発・製造・販売
A地域資源の情報収集ならびに調査・研究・提言とその発信
Bまちづくりに関する啓発活動・連帯づくり
Cまちづくりに携わる人材の育成

タイトル用オビ

会社概要

会社名

有限会社長崎まちづくり屋

住 所

〒850-0861 長崎市江戸町5番8号第5一ノ瀬中央橋ビル602

資本金

300万円

代表者

代表取締役  高島 茂夫

タイトル用オビ

会社の沿革

2003年12月

長崎伝習所・長崎まちづくり事業化研究塾にて長崎グッズ研究開発開始

2004年7月

長崎県コミュニティビジネス起業化トライ支援事業補助金採択

2004年12月

「カステラねくたい」本格発売開始

2005年6月

「吉宗ネクタイ」完成

2005年12月

「(有)長崎まちづくり屋」設立

2006年2月

「カステラはんかち」完成・販売開始

2006年6月

内閣官房都市再生本部局長による活動評価視察

2006年12月

全国公募デザインコンテスト最優秀作品「電車ねくたい」完成・販売開始

2007年3月

「県営バスネクタイ」完成・販売開始

2007年11月

「長崎大学医学部創立150周年記念ネクタイ・ハンカチ」完成

2008年2月

「V・ファーレン長崎オリジナルネクタイ」完成・販売開始

2008年11月

「雲仙観光ホテルオリジナルネクタイ」完成

2009年8月

「NPO法人まちづくり屋」発足

タイトル用オビ

アクセスマップ




中央橋バス停下車 徒歩3分

築町電停下車   徒歩1分

Copyright © 2010 Nagasaki-Machidukuriya. All Rights Reserved.